FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.08

妖怪アパートの幽雅な日常6

『妖怪アパートの幽雅な日常6』

妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA!ENTERTAINMENT)
(2007/03/10)
香月 日輪

商品詳細を見る



着実に(?)時系列で進んでいく『妖怪アパートの幽雅な日常6』今回は高校二年生の修学旅行です。
夕士の通う高校ではスキー旅行のようで、雪山にあるホテルが舞台となります。
う~ん、いいですねぇ。学生生活一大イベント☆修学旅行!!小学生でも中学生でも高校生でも皆一様に胸躍らせる行事です。
集団行動が苦手な夕士はそこまで楽しみではなかったにせよ、やはり胸は躍ります。
その辺はわかるなぁ~(苦笑)自分も集団行動は苦手ですが、やはり修学旅行は楽しみのひとつでした。
今回は結構前回で登場した千晶先生がメインの印象。
前回の文化祭やら何やらで一躍人気者となった千晶先生は
修学旅行中生徒にもみくちゃされながら(笑)
過ごしていたのだが、(多分夕士だけが知る)体調が
思わしくない様子。しかも顔色は段々を悪くなっていく一方で夕士は不安を募らせていく。
と言うのも、夕士達学校が宿泊しているホテルには"何か"居る---妖怪アパートで培われた"感じ取る能力"が強い夕士はホテル初日から妙な寒気を感じていた。
そして修学旅行中には妙な出来事が続き、例年以上に体調を崩す生徒が続発していく。
果たしてこのホテルには"何が"居るのか?

今回自分が意外に感じたのは千晶先生の異常な人気(爆)
人気のある先生の設定である事は判っていたのだが、これは些かスゴイ
毛むくじゃらで熊みたいな先生をイメージしていただけに「スマートでオシャレ」には少し驚いた。
この先生は現実離れしていますね。
別に嫌なわけではないのですが、女子高校生のキャーキャー振りに閉口気味ですー(苦笑)。
修学旅行がメイン舞台なだけに、アパートは少ししか出てきません。よって当然るり子さんの手料理が減ってしまうのですけれど、美麗(?)で涎モノの品数は相変わらずで
そこまで「少なくなった」印象はありませんでしたね。
作者や編集者さん間で調節しているのか?とストーリーから外れた事を考えていたり・・・。









以下はネタバレ。









今回の『妖怪アパートの幽雅な日常6』はいつもよりもホラーテイストでした。
所謂「曰くつきホテル」。
部屋の空調の変調から、妙な物音と目撃談から「過去に自殺者が出ている」という情報を得た夕士。
師でもある秋音ちゃんから聞いた話によると、そういうモノが居る場所では霊感の強い人・同調しやすい人は体調を崩しがちだと言う。
特にその場所にある食べ物を食べるとその変調が大きくなり易い。
いつも以上に顔色が悪く、学校一同揃っての夕食で千晶の姿を見かけないと感じた夕士は
千晶がその「曰く」で体調を崩したのではないかと考え
それとなく彼を気遣う。
するとやはり千晶は修学旅行中ホテルの食事を摂っていないとの事。前作でも行った"治療"を施しながら原因を探る夕士の前に現れたのは・・自殺した女子学生の幽霊。
彼女は昔教師に捨てられその恨みがホテルに染み付き、ずっと縛られているらしい。
今回は何とか凌いだが、まだその女子学生はホテルに残ったまま・・いつか成仏してくれるのだろうか。
大きな流れとしてはこんな感じだが・・今回も『妖怪アパートの幽雅な日常』ならではの"人生訓"が織り込まれており勉強になった。
自分として感じたテーマは「人を惹きつける人とは?」である。
千晶は何故あれほどに人を惹きつけるのか?
そう考えた夕士は親友長谷にも同じ雰囲気があると気付き
、着ているものから立ち振る舞いまで長谷と重ね合わせていく。
確かに何故か人を惹きつける人っていますよね。
きっとTVに出ている何人かはそういった魅力があるのではないかと思います。
近くには居ないので(苦笑)肌で感じたことはありませんが、雰囲気がちょっと"違う"人もいますね。
前回と繋がってか、夕士と千晶の親密度が上がり田代がめちゃくちゃ面白がっている事にウケました。
でも田代は夕士に気があるかと思っていた自分は予想外な反応。恋愛対象ではない・・・という雰囲気でちょっとガックリ。でもまぁいいか。その内魅力的な女の子が現れたりやっぱり田代だったり・・・どちらでも(爆)

アパートでは相変わらずの面々と、相変わらずとなった長谷も登場。
長谷が出てくれば当然クリの登場率も上がるので嬉しいですね☆
ほっぺたを膨らませちゃったクリに激!!!
すっげぇ可愛い!!!あやうく呼吸困難ですって(おぃ)帰らなければならない長谷も辛いのぅ。
スポンサーサイト
Posted at 21:58 | 香月日輪 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.26

妖怪アパートの幽雅な日常5

『妖怪アパートの幽雅な日常5』

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)
(2006/03/11)
香月 日輪

商品詳細を見る


二学期が始まった。
妖怪アパートでは秋音ちゃんのリクエストにより滝が造られ(詳細は不問で 笑)
学校では二人の教師が赴任してきた。
一人は千晶直巳という一見して深瀬画伯の様な雰囲気を持った担任。
もう一人の教師は一寸苦手意識を持つ。
三浦に変わって赴任した青木は美人で楚々としており、教え方も上手い。
夕士は千晶直巳に対し最初から彼に好感を持つ所が妖怪アパートに対する愛を感じる(笑)
さらに、夕士の属する英会話クラブにも、二学期からの転入生が入部してきた。
 一年生の山本という女子生徒なのだが、どうやら彼女はやや難アリの模様。
文芸小説片手に「アニメなんてくだらない」とばかりに周囲へ軽蔑の目を向ける。
その態度から夕士だけでなく、クラブ全体からも疎まれていくのだが・・・。

今回はこの新しい"新入生"三人を軸にして様々なエピソードが綴られていく。
大きな出来事としては文化祭だが、三人を軸にして人間関係や人の考え方等を
語ったり学んだりしていく流れだ。
「いや、そこもあくまで一個人としての意見だから決め付けるのはどうかな・・?」
という夕士の意見もあったが、
そういう人いるよなぁ・・としみじみさせられるエピソードもある。
山本という一年生は「何もそこまで喧嘩腰じゃなくても・・」と引いてしまう位
周囲を馬鹿にした言動をしている。
実際ここまで言う人が居たらチャレンジャーではないか・・?
こんな事を言っては自分が孤立してしまう事判るだろう、という程自分の意見こそが正しいほかの人はそんな事も判らないのかという態度。う~ん、似たような人はいるけどこれはヒドイ。居たらムカツク(笑)

けどもっと厄介なのは青木教師。
此方は"善意"で押し固めているだけに説得が難しいタイプ。
「そんな事したら可哀相でしょう。あぁ、何故判ってくれないの」という感じで、形は違うが山本と同じですね。
相手の意見を聞かずに勝手に自分の意見で
完結させてしまう、という・・。
があるような気がする。
結構イライラさせられましたけど、実は自分にもそういう事があるのではないか・・と考え込んでしまいました;
今まで自分の言動を反芻してみると・・・うぅむ、勝手に決め付けていた時とかあるなぁ・・反省
判っていても、人を第一印象や見た目で決め付けてしまう時ってありますよね?(聞いてみる)
嫌だ嫌だと思っているのに中々直らない・・・再度反省
その他にも「こういう事あるよね、こういう人っているよね」という
単純に見えて奥深いエピソードもあるので
勉強になりましたA^^;)
消化不良のまま完結してしまった部分もあるけど・・・まぁ「こういう事あるよね」という一つの例ですな。人って難しいぞっ。
Posted at 21:35 | 香月日輪 | COM(0) | TB(0) |
2010.11.20

妖怪アパートの幽雅な日常4

妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ!!
妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)
(2005/08/23)
香月 日輪

商品詳細を見る


相変わらず騒がしく温かいアパート生活を送る彼らの物語。
条東商業高校に通う稲葉夕士は(長かった)一学期を終えて夏休みとなった。
でも夏休み予定はバイトと"修行"でみっちり埋まっている。
彼夕士は所謂魔道書士見習いで、日々鍛錬を行っている。トレーナーは同じアパートに住む久賀秋音ちゃんで、彼女自身も"除霊師"なるべく修行中である。
夏休みになってさぁいつもの修行だ、と思いきや何やらこれからワンステップアップの修行に移行するらしい。
疲労困憊して修行直後はバテバテとなってしまう夕士。
その修行も何とか慣れた頃、今度は運送会社のアルバイトが始まった。
アットホームで和気藹々としている運送会社であったが、夏休みになり新しく5人のバイトを雇った。
その5人が「イマドキの若者」を絵に描いたような青年達で、働く意思が弱いなどですぐ3人辞めてしまった。残った二人も特に会社の人達と交わる事無く
昼休み中は淡々とメールを打っている様子。
妖怪アパートで温かな会話と人間関係に囲まれている夕士は戸惑いつつ・・・。

ざっくりとした説明はこんな感じですが、今回第四弾は「コミュニケーション」がテーマになった印象ですね。
アルバイト先・職場では淡々と仕事をこなし、何も言われなければ何もしない、
自分から質問したり交わる事もなく一人で携帯電話をいじっている-----
う~ん、典型的!という感じですが結構多い若者像ですよね。
他にも自殺未遂者が登場したりなど「人間関係の希薄さ」を浮き彫りにした作品と感じました。
確かにどうかな~?と思いつつ淡々と行動する若者にも同調してしまう自分。
難しいとは感じますよね・・・人と会話する事は大事だし、楽しい事だけれど
最近ではそれが「煩わしい」とか「鬱陶しい」と思っている人も多いわけで・・
距離感が掴めないというか、そもそも距離感を取ってしまったほうが良いのか・・ウムム
こういうテーマを取り上げると本当夕士は恵まれた、幸せな生活送っていますよね
あんなに賑やかで温かいアパートって羨ましいぜ!!
作品としては、コミュニケーションをテーマにしたせいか否か(苦笑)前作のような"魔術"っぽくも"妖怪"っぽくもありません。アクションが無い、という形。
それでもキャラクターの面白さや訴えてくるテーマ、美味しそうなるり子さん料理は相変わらずで
面白かったです。
お気に入りのクリもべらぼうに可愛かった!!!超愛でたい!!
クリ好き視点から見るだけでも夕士が羨ましいって!!(爆)


Posted at 21:13 | 香月日輪 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.16

妖怪アパートの幽雅な日常3

『妖怪アパートの幽雅な日常3』

妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)
(2004/10/09)
香月 日輪

商品詳細を見る


前回『妖怪アパートの幽雅な日常2』に引き続き、『妖怪アパートの幽雅な日常3』を読了しました。
相変わらずからパワーアップした
賑やかさと可笑しさを加えて第三弾!!
珍しく?今回主な舞台は夕士が通う学校に起こります「幽霊騒動」。
学校で噂の幽霊と些か怪しい教師を巡って起こる騒動に魔道書修行中夕士と妖魔フール・魔物たち、そして
『妖怪アパートの幽雅な日常1』で登場した田代を加えてのお話。

魔道書修行のおかげで少しずつ霊的・・超能力的というのか・・
力をつけてきた夕士君。
その力と妖魔フールに促されつつ「幽霊騒動」の謎にせまる巻になっている。
修行の成果か宿命か(笑)こんな展開がやってくるとは・・一寸意外だけどワクワク感が湧き出てくるシナリオ。
舞台がアパートじゃないという点で
住民とのやりとりが減ってしまった
というのは残念・・・。
学校は夕士君生活の中でおまけみたいな扱いをしていたので(苦笑)
今回クローズアップされた事によって夕士君の学校生活がわかってきた。
やはりと言うのか(笑)学校で一寸浮き気味の夕士は女子三人と共に弁当を食べているようだ。(勿論るり子さんお手製の絶品弁当)
これは一人でお弁当を食べている夕士の元に田代とその友達が勝手にやって来て
そういう構図となっているらしい。
「なんだこの女ども!?」と秋音ちゃん贔屓の自分は眉間に皺ものでしたが
その女子があの田代、つまり
『妖怪アパートの幽雅な日常1』で夕士が
救った少女だったんですねー・・なるほどねー・・そういうことか(ニヤニヤ)と納得。
そんな彼女もやや強引に割り込みつつ
「幽霊騒動」の謎を探るんですが、このあたりは何だか暗い雰囲気。
少しだけ人間心理にも触れた話となっておりましたね。
人間心理の怖さも妖魔のせいだったらいいなぁ・・・。






以下はネタバレ








前述した通り、田代というクラスメイトが再登場したのは大きいですね。
っていうか、ほんのチョイ役かと思っていた彼女がまた出てくるとは驚きだし
夕士君に気があるのも・・・ねぇ?絶対そうですよね?ヤケドしちゃうって彼女(爆)
まだまだシリーズが続いているけど・・これからも出てくるのだろうか?
自分としては秋音ちゃんの方が好きだからヒロインとなると彼女かなー
とか思っていたんですけど・・
ま、先の楽しみとしますか。
そして此方も再登場、長谷です。
何やら休日の度に妖怪アパートへやってくるようになった長谷は、
近頃クリの遊び相手が主な役割のようだ。
長谷がパパ、夕士がママだそうで(爆笑)
あと龍さんも出てきましたね。
厳粛なる霊能力者。彼がやってくると雰囲気が一気に引き締まるというか
重みが増す感じですね。
龍さんもお気に入りキャラだからこの登場は嬉しい。長谷との初対面だし☆
「幽霊騒動」に首を突っ込んで負傷した夕士を、心配した長谷が怒ってさらに殴った場面が好きだ。結構濃いなこの友情は(笑)

Posted at 20:22 | 香月日輪 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.16

妖怪アパートの幽雅な日常2

妖怪アパートの幽雅な日常2

妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA!ENTERTAINMENT)
(2004/03/11)
香月 日輪

商品詳細を見る

結構前に読んだ作品なので記憶が薄れてしまっていますが、
妖怪アパートの幽雅な日常2読了!!妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ第二弾。
以前読んだ妖怪アパートの幽雅な日常1が大変面白かったので
引き続き読ませて頂きました。
寮が火事になってしまったのを機に「妖怪アパート」で暮らすこととなった夕士。
寮が新築して一度アパートを出たものの、あの時の暮らしが忘れられず戻ってきてしまった。
とっても奇妙だけど楽しく、温かく、愉快な「妖怪アパート」生活!
さて、これからはどんな展開が待っているのやら・・

夕士はまた寿荘こと妖怪アパートへ戻ってきた。
相変わらずのメンバーは夕士を温かく迎えてくれ、以前と同じ怖くて可笑しくて
るり子さんの絶品料理の日々が始まる。
この第二弾は・・夕士が妙な魔道書を発見したり、秋音ちゃんから修行を受けたり
ついに夕士の親友長谷が妖怪アパートに遊びに来たり・・と様々なイベント(?)アリ!!
何といっても長谷が妖怪アパートにやってきた、というのは一番大きな出来事
だったかもしれませんね。
妖怪アパートの幽雅な日常1ではちょいちょい、程度にしか登場しなかった為
あまり判らなかった長谷の事がよく分かりました。
家が裕福で幼い頃から帝王学を学び、学校生活では"裏番"に就く彼と
妖怪アパートの住人達の交流がまた面白いですね。それによっての夕士反応もまた☆
新たなキャラクターも登場して(へのへのもへじ薬屋とか)より一層賑やかさを増した
彼らの物語、今後も楽しみでございます!!





以下はネタバレ







ミステリーなのでこれといった謎も真相もないのですが、まだ未読の方には
先読みになってしまうので、ネタバレ(何故今になって説明)
今回も面白かったですね。
薄くて文字が少ない上に面白いから速読近いスピードで読み終えてしまいました。
これでも勿体無いから一呼吸おきながらだったんですけどね(苦笑)
魔道書を手に入れちゃった夕士は魔力・・霊力?をつけるため修行する事になった巻ですが、
魔道書にいる魔物(?)達が夕士君の僕になってしまうのもポイントです。
何しろそこにいる魔物たち(ルシファーとかセイレーンとかいう名前のもの達)は
揃いも揃ってヘボばかり
ありがたいんだか迷惑というと・・・迷惑かな、という位ヘボです。
しかしそんな魔道書でも使用するに当たり結構体力・精神力を浪費してしまうらしく
・・命を削っているだっけかな・・その変曖昧ですみません
夕士君は修行する事になりました。
そこで判明するのは霊能力者の卵秋音ちゃんの凄さ!!彼女は大変逞しいという事が判明します。
これからもっと彼女の謎が明らかにされていけばいいなぁ☆
あとはやはり長谷でしょう!
大親友だという事は知っていましたけれど、この巻で夕士・長谷の絆が「深いッ!」という
事がわかります。
「あいつならわかってくれる」代表的存在ですね。
夕士はあの妖怪アパートに長谷を連れてくる事に躊躇していましたがそこは親友、
全部受け止めてくれた長谷!そしてその事にいたく感激した夕士!
二人の絆はより深まったようで・・いい話や
初めて妖怪アパートにやってきた長谷は大盛り土産を携え、夕士が世話になっているからと
住民一人一匹に(爆)丁寧な挨拶をする場面は微笑ましいよ。お母さんみたいだなおい(笑)。
クリがいたく長谷に懐いたのは一寸意外だが、イイ意味での意外で嬉しいッス。

魔道書が加わり、長谷にアパートを打ち明けた事でなんだか今まで以上の
賑やかさが予想される『妖怪アパートの幽雅な日常』、これからも期待しています!!
Posted at 20:03 | 香月日輪 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。