FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.30

変身

これもまた結構前に読んだ東野圭吾氏「変身」

テーマは-脳移植-です。
現代医学では・・・無理な領域ですよねぇ・・?いや、やめて欲しいなぁ。これ読むと。
これで確かに人命が助かるかもしれないけれど・・・脳はやはり別世界の移植部位。
主人公成瀬に不慮の事故が降りかかります。
その時受けたのが「脳移植手術」。
奇跡的な医学で、奇跡的に助かった成瀬ではあったが・・・
彼の悲劇はこれから幕が開ける事になる。

術後に「自分」が判らなくなる。
徐々に「自分ではない」人間に脳を侵食されていく恐怖。
愛した女性が愛せなくなってきたり、愛すはずのない女性に惹かれ、感情が抑えられなくなっていく・・凶暴になっていく「自分」が抑えられなくなっていく。

そんな中、彼は自分の脳のドナー正体を知ることとなる。

怖い、怖いです、この話は。
見えない恐怖っていうのもあるのですが・・・「自分」の脳が
移植された脳に侵されていく事は凄まじい恐怖です。
自分なのに自分ではなくなっていくし、見た目は「自分」そのままなのだから、周りの人達は「自分」に対して接してくる。でも日にちが経つにつれ、自分が消えていってしまう・・・
厭だなぁぁぁ・・・本当「怖い」話です。



以下、ネタバレです。ご注意ください。

脳移植で奇跡的に助かった当初は「良かったねぇ」と一安心したのですが・・・・
そのあとが もー・・・・厭だぁぁkao06
優しく、純情な青年だっただけに可哀相度倍(おい)
特に恋人が・・・愛が可哀相です。
確かに愛している女性がそこに居て、自分を愛してくれているのに・・そして自分も愛しているのに、段々愛せなくなっていくのです。切ないです。
恋人も可哀相ですが、勿論主人公も可哀相です。
侵食していくドナー、邪魔!!(爆)

どちらも不本意ながら「移植し」「移植された」訳ですがね・・・
ドナーもそれなりに惨めな人生を歩んできていて、完全なる悪人ではありませんがね・・・でも悪人に近いよなぁ汗あせ
ドナーの人間は物語半ばで殆ど判ってきます。察しがつきますよ、うん。

一番酷い人間は病院の人達かなぁ・・・
確かに人命救助は素晴らしいですよ。
でも段々主人公の脳がドナーに侵されていくと薄々感づいているのにまるでモルモットを観察しているかの様に接するんですよね。一番冷酷でしょう。
あんな風に接するなよ・・・善人にも悪人にもさぁー・・・
せめてあの女の人がもっと「ドナー人格になっている時の成瀬」に対しての態度が人情・愛情に満ちていたら別の結果になっていたのではないかと思ったのですが・・・無理なんでしょうかねぇ。
結局殺されてしまったし。

怖いんですよね・・自分なのに他人になるなんて・・・
結局成瀬は「あの時」殺されてしまったのだと思いました。
命が助かっても、「自分」でなくなってしまうなら・・・殺されたのだな、と。
あの時頭撃ちぬかれて、あの瞬間に死んでしまったと思いました。


ラストは泣きそうになってしまいました。
嘗て愛した彼女が離れ、戻ってきます。深い愛の故に。
この彼女は非常に素晴らしい人ですね。
事故がなかったら末永く幸せな結婚生活を送っていただろう・・・。

成瀬がドナーに侵されながらも必死に彼を支えます。
殴られても、髪の毛を引っ張られても離れません。凄いです。
そんな彼女と暮らして、ひと時戻ってきた 「成瀬」 。
その時の言葉

  君を愛したことを忘れない

確かそんな事を言いました。
涙が出ます。
本当に愛していた。愛されていたのだと感じました。
その言葉を最愛の彼女に残し、彼は脳を打ち抜いて死んでしまう。
あああぁぁぁぁ・・・・
切な過ぎる。
この言葉は胸を打たれました。
暗く澱んだ「変身」の世界で、輝く差し込んだ光明のようでした。
最後の最期で、彼はこの言葉を伝えたのです。
これが本当に救いでした。
これを聴いた時流れた彼女の涙は透き通っていた!!綺麗だった!!

「君を愛したことを忘れない」
物凄く深い愛を感じました。
「君をずっと愛している」とか「君の事を忘れない」よりも感動的でしょう。

 君を 愛したこと

絶対に忘れない彼の心なのですね。
彼女が愛してくれた事とか受態的ではなく、自分が「愛していたこと」を最期に彼女へただ伝えたかったのだ、と思いました。

この言葉だけで「変身」は読む価値がありますね。
本当に感動しました。可哀相ですけどね・・・・;
スポンサーサイト
Posted at 23:36 | 東野圭吾 | COM(0) | TB(0) |
2008.08.20

だぁぁ!このだめ駄目PC!!!

本当に使えないな、このPCは!
またバグって固まって画面真っ白!!
まだ一年位しか経ってねぇーだろが!!

むかつくのでもう一回投稿。
前は面倒なので、書き込みがぱぁになってそのまま落ちてしまった。

今日は東野氏作品。
鳥人計画 (角川文庫)鳥人計画 (角川文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る


えっと・・・ミステリー、ですかね。
スキージャンプを舞台として繰り広げられる殺人事件。

ネタバレなし感想

スキージャンプで類稀なる才能を発揮し、日本スキージャンプ界で名を馳せた楡井が殺害されてしまいます。犯人は程なく逮捕されるのですが、その犯人を密告した人物がおり、その密告者を犯人が推理する、という物語ですね。(大雑把に)

犯人当ての推理小説かと思いきや、すぐ犯人が判明してしまうので「あり?」と思ったのですが、成る程「密告者」を当てろっていう事ですかい。
金田一少年の事件簿のタロット山荘殺人事件・・・だったかな?
それを思い出しました。
殺人事件の犯人を見つけるよりも、その犯人の裏に隠れる「犯人」の方がかなり不気味ですよね。犯人が狼狽するのは結構見ごたえあるのですが(おい)

でも今回のこの鳥人計画は、その他にも色々見応えのある事が描かれております。
そのまんま、「スキージャンプ」ですね!!
作者、東野圭吾氏はかなりスキージャンプを研究された事でしょう!!
今まで正直興味の無かったスキージャンプに興味を持ちました!!
TVでスキージャンプのニュースや映像が流れたとき、思わず身を乗り出してしまう始末。
「そぉかぁ・・こういう感覚で飛ぶんだ」や「筋肉の付き方にも色々あるんだなぁ」
とか、様々な概要が描かれておりますので面白いですね。
読み終わった後のスキージャンプに対する見方が違ってくると思います。


ネタばれ感想-ご注意ください-





最後、密告者やら、犯人やら、秘密特訓の真相やら・・・
まぁ、色々と判明されてくるわけですが・・・何と言いましょうかね;「そこで既に犯行かよ!?」みたいな感想でしたね。推理も何もない。どういう痕跡でこの結果を推理できるというのだ。
まぁ、最初っから恋人は怪しいとは思っていましたけどね・・・でもまさか殺人していたとは思わなかったですよ。
動機も動機が・・・うぅむ・・・・
何にしても楡井君は可哀相ですね。
結局彼は何も悪いことをしていないに等しい・・・こんなに色々なひとから殺意を持たれるような人間ではなかったのに・・・殺されてしまった訳ですから、可哀相です。
天才とは・・・才能が高すぎる人は「逆恨み」を多く買ってしまうものなのでしょうかね。才能のない人間には判らんものですが;
楡井君のキャラクターは好きだっただけにより可哀相だと感じました。
お風呂に土鍋持って行くって・・・かなりオモシロイ人間ですよ。


あと、「親の身勝手で子供を教育するな」も強く感じた作品です。
「子供の為を思って」なんて、親の身勝手ですよ。勝手に押し付けるんじゃねぇっての。子供をモルモットのように扱うのは読んでいてかなり嫌な気分です。
子供が頭よければ、スポーツに才能があれば、芸術センスがあれば・・・まぁ、将来安定で安心できるのでしょうが・・・。それでも押し付けるのはどうかって話ですよ。
子供に選択肢を与えて、子供の感情を大事になさいッ!!

才能があっても嫌いになったら元も子もない!
幼い頃から英才教育で金メダリストになったり、天才になったりすれば、そりゃぁ教育の賜物でしょうが自分としては「結果論」な気がしますね。
「良かったねー、子供が受け入れてくれて」と、親が感謝すべきッ!

この話では子供荒れちゃいましたからね。そりゃ、荒れるでしょうよ。
爆発もするでしょうよって感じですがね。


あぁ、もう荒唐無稽な文章ですが・・まぁいいや;
スルーしてくださいな。
Posted at 23:21 | 東野圭吾 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。