FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.28

御手洗潔の挨拶 御手洗潔のダンス

御手洗シリーズ短編集2作品。

結構前に読んである&どうも混ざる2冊なので同時書き込み。
同じ「御手洗シリーズ」で「短編集」だからどっちにどの作品が載ってあるか混ざってしまっているんですよねぇ・・・でも調べて何とか区別つけます汗あせ


以下はネタバレではありませんが、内容に触れています。


まず
御手洗潔の挨拶
御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)
(1991/07)
島田 荘司

商品詳細を見る

『数字錠』
『失踪する死者』
『紫電改研究保存会』
『ギリシャの犬』            4編。

御手洗シリーズの短編集は面白いです。
一寸した日常の謎から大きな事件に発展したりすることもしばしば・・・・でも御手洗潔でなくては読み取れない「何気ない謎」。彼の頭の良さこそ読み取れん。
そういえば『数字錠』で御手洗&石岡がコーヒーを飲まなくなった理由が描かれるんでしたね。これもかなり前に読んだきりだったので「結構前から飲まない」印象(まんまやん)

『ギリシャの犬』は何だかわけが判らない石岡君と同調(笑)
「なになに?何で?どういう事だよ御手洗!!」と叫んでしまいそう。
理解不能な指示をしてくる御手洗にアタフタしてしまいます。
スピード感があるだけに余計焦る(笑)。

他作品も面白いですが、この2作品がよく覚えています。



つぎは
御手洗潔のダンス

御手洗潔のダンス (講談社ノベルス)御手洗潔のダンス (講談社ノベルス)
(1992/08)
島田 荘司

商品詳細を見る

『山高帽のイカロス』
『ある騎士の物語』
『舞踏病』
『近況報告』            4編。

『山高帽のイカロス』は宙に浮かんだ死体がよく覚えています。
詳しいトリックを忘れてしまいましたが(爆)驚きの真相でしたね。

『ある騎士の物語』は・・・馬鹿じゃねぇの・・・と思いました。
これは作品に対してではなく、犯人に対して。

『舞踏病』は踊り狂った老人が・・・覚えています。
御手洗のキャラクターが多く出た作品でもありますね。

『近況報告』は・・・なんじゃこりゃぁ・・ですね。
一寸吃驚。事件でもミステリーでもない。ファンの為だけの話。
石岡君が御手洗ファン(主に女性)に対して「今彼は○○をしている」「○○が気に入っているようだ」とかそういう話ですね。
御手洗潔ファンはこういう事を要求してたのか・・・・汗あせ

島田氏も好きだし、御手洗シリーズも好きですが・・・これは一寸引きました(^^;)
「こぼれ話」として読むと面白いかな。
でもどちらかと言うと「あの事件の裏話」とか・・・そんな方が良かったなぁ。
「あの時の容疑者は、実はこんな事も企んでいたんだよ」とか御手洗が事後言ってくれた面白いのに・・・など思いました。
スポンサーサイト
Posted at 11:58 | 島田荘司 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。