FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.18

QED竜馬暗殺

QEDシリーズもついに幕末へ!(笑)
『QED竜馬暗殺』読了ー!!
QED 龍馬暗殺 (講談社ノベルス)QED 龍馬暗殺 (講談社ノベルス)
(2004/01/09)
高田 崇史

商品詳細を見る


あの坂本竜馬が取り上げられています。
最近NHKドラマでもあったように竜馬ブームとなっておりますが
自分としてはその一端も担ったドラマ『仁~JIN~』から興味深々ですね!
さてさてどうなることやら・・とドキドキしながら読みました。


大学の後輩全家美鳥の元に訪れることになった棚旗奈々と妹沙織、そして桑原タタル。
美鳥家は高知、平家の落人伝説が残る蝶ヶ谷村で
人里離れた辺鄙な村である。
そしてそこには坂本竜馬暗殺の謎を解くカギが隠されている-----?

今回は奈々の妹沙織が準レギュラー並みに登場します
結構明るく、幕末ファンであり楽しみなキャラでありますが
同時に姉のロマンスに対しても色々な"アドバイス"を与えていきそうだ(笑)
どうやら彼女は今後もどんどん出てきて、色々な歴史的知識を説明するようだ。

美鳥家の家に着いたはいいが、土砂崩れで蝶ヶ谷村に閉じ込められた。
そんな中(やっぱり)殺人事件が発生。
竜馬暗殺の謎と共に殺人事件の謎を解き明かしていくタタル---

自分としては「竜馬暗殺を行ったのは誰か不明」という事自体初耳で
そこから知らなければなりませんでした(爆)
そうなんだ~・・謎だったんだ~へぇぇ。

坂本竜馬は新しい日本を創ろうとしていたから単純に
邪魔と感じた幕府側が暗殺したのだと思っていましたが・・・
自体は色々複雑であり、幕府側とは考えにくいという事を知りました。
それと作中でタタルが指摘している「坂本竜馬が当時暗殺されるほどの人物だとは考えられていなかった」というのも思わず「へぇ~・・!!そうなのか!?」と唸りました。
そう言えば今こそ坂本竜馬は日本の英雄となっていますが、当時はただの脱藩浪人・・・着実に力を付けてきたとはいえもっと重要視する人物は他にたくさんいたに違いない・・。
QED読むたびに感じますが・・・歴史って深い-----

坂本竜馬暗殺の謎に迫りますが、やや強引な事も感じないこともない。
(と、いうかQEDが段々強引になってきた気がするな)
作者が調べて考えた末かもしれないが、「え?そこで流されているけど何故そこでその言葉に繋がるの?」という部分はありましたね。何度か読み返すとそういった部分はもっとありそうだけれど・・・
歴史も幕末もほとんど知識がない自分にとっては、薩摩や長州や土佐等の名称を覚えて追いかけていくだけで精いっぱいでしたが、元々知識のある人たちが読むと物議を醸しだしそう。
まぁこのシリーズはどれもそうですが(爆)

面白いのは変わりないですけどね、まだ(ぇ)
奈々の妹沙織の存在がどうなっていくのかでもこのシリーズの
「色つき」が変わってきそう・・・・・
しかし奈々はすっかりタタルの彼女と思っているようだが・・そうなのか?いいのか?
まぁいいんだが(爆)タタルはそう思っていない気がする・・・
作者としてはいずれ絶対二人をくっつけようとするのだろうけど(予想)
まぁ、まだ"それらしい進展"は見受けられないんだがなぁ・・
だからこそ沙織の存在で動くと思っていたのだが、奈々はもう「その気」だったのかー・・・ちょっと苦笑してしまいます。奈々ちゃんの過剰な反応が中々オモシロイ。

ネタバレは無しにしておきます。
坂本竜馬暗殺謎で事件の詳細を忘れてしまいましたー







スポンサーサイト
Posted at 20:57 | 高田崇史 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。