FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.15

殺意は必ず三度ある

『殺意は必ず三度ある』
鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ第二弾です。
探偵部部長多摩川流司、八橋京介、赤坂通このトリオがまたも巻き込まれたのは(首突っ込んだ)殺人事件。

殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)
(2006/05/16)
東川 篤哉

商品詳細を見る



だが、その前に鯉ヶ窪学園野球部で事件が起こる。
早朝、キャプテン土山は野球場のベースが無くなっている事に気付く。状況としては何者かに盗まれたとしか考えられないのだが、一体誰が何の為にベースなど盗んだのだろうか?

ベースが見つからないまま鯉ヶ窪学園野球部は
飛龍館高校との練習試合を執り行うこととなった。冷やかし半分で(笑)練習試合へ来た探偵部三人と、しっかり応援する為にやって来た生徒会長桜井あずさと共に試合会場へ向かう。近年新設されたばかりの飛龍館高球場はイチョウ並木と雑木林にぐるりと囲まれていた。
そこで事件は起こる。
試合時間になっても鯉ヶ窪学園監督の野口啓次郎が現れない。仕方なくキャプテン土山が代理監督として指揮を執り、試合は開始される事となった。
試合は点の取り合いの如く接戦を繰り広げ、遂に最終回鯉ヶ窪学園はホームランでサヨナラ。
喜びも間も無く、ボールを取りに行った選手が大慌てで走ってきた。「人が死んでいる」!
殺されていたのは野口監督。死体の傍には何故かキャッチャーミットにおさまったボールとホームベース・・そしてこのホームベースは鯉ヶ窪学園で盗難されたモノだった。

野球場で起こる野球になぞらえた殺人事件の為野球用語(?)なるものが多く出ます。
文中で言われていて気付いた事なのですが、野球用語って物騒な言葉が多いですねー。
アウト="死"や捕ってアウトにする事="補殺"等・・カタカナで表現する事が多いですが
二死満塁とアナウンスする時もやはり"死"が出てきますし・・何故だろう。
そんな言葉を巧みに利用した殺人事件です(爆)利用というのはつまり、見立て殺人。
犯人は被害者傍にキャッチャーミットやボールを置いて野球の"アウト"に見立てている、という
謎の行動をしているんですよね。
最後その謎とトリックが暴かれるのですが、自分としては「なるほどなぁ~」と納得したものでした。
犯人はコイツだろうという目星を(結構自信満々で)立てていたのですが、外れました;
人物錯誤トリック(?)に見事騙された・・今後に活かしていきたい(苦笑)







以下はネタバレ。









今回も楽しませて頂きました。
探偵部三人は相変わらずのまま(つまり、成長しないまま)登場☆笑う場面もしばしば。
そして今回も祖師ヶ谷大蔵警部と烏山千歳刑事が登場しているのは嬉しい。が、今回この二人は影が薄かった印象・・・でも警察としてはこの位の存在感でもいいだろう(爆)
第一の事件・野口監督殺害については午後九時頃という推定時刻が割り出され、
その時間関係者である一同のアリバイが調べられた。
飛龍館高校の理事長夫妻と秘書・家政婦、そして居候している鯉ヶ窪学園教師芹沢由希子は偶然にも
犯行時間野球場周囲に居たと証言するのだが、こんな都合のいい偶然は中々無いもの(苦笑)
勿論犯人がアリバイ作りの為に皆を誘った訳ですね。
飛龍館球場の出入口に一塁側に理事長達、三塁側には芹沢と秘書散歩すがら集まっていた。龍ヶ崎賢三が鍵の施錠を確認するため一塁側から三塁側へ横切る間何が起こったのかが鍵。
証言から賢三は真っ直ぐ歩いていただけに思われたが、実はその球場に二つのダイヤモンドが組まれていたというトリック。
確かに夜雑木林に囲まれた暗い球場ならこのトリックは可能でしょう・・う~ん、なるほどぉ。
死亡時刻から考えてこの散歩中に犯行が行われたとしか考えられないのだが、どうしても解けなかった殺人トリックの真相・・・やはりコケたのにも意味があったんだな。抜かりない。
第三の事件状況からして芹沢由希子がかなり怪しかったのですが、ハズレ(前述した通り;)。
でもなぁ・・目の前に被害者が倒れていた筈なのに「しばらくして悲鳴」っていうのはおかしいと思うのだが・・・うぅむ
しかしまぁ真犯人は逮捕され、探偵役は奥さんという事で事件は幕を閉じた---
多摩川流司、八橋京介、赤坂通三人も推理するのだが、結局またおいしい所を取られてしまったようで残念!次回(あるのかな?)に期待☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/328-3655c700
この記事へのトラックバック
敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれた。後日、練習試合中に、野球部監督が死体で発見される。混迷をきわめる事件に、お気楽探偵部員3人組が首を突っ込んだ。しょうも
「殺意は必ず三度ある」東川篤哉 (ジョイ・ノベルス) | 粋な提案 at 2013.05.07 15:29
この記事へのコメント
ユーモアいっぱいで面白かったです。
人物誤認トリックは、今度こそだまされないぞと構えて読んだのに、だまされてしまいました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2013.05.07 16:09 | 編集
お久しぶりです!コメント有難う御座いますm(^ ^)m

自分はいつもミステリーに色々騙されています!

トラックバック有難う御座います!
今度こそトラックバック成功させます・・・きっと!(汗)

Posted by ayakasi at 2013.05.11 22:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。