--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.01

放課後はミステリーとともに‏

東川篤哉氏『放課後はミステリーとともに』読了!

放課後はミステリーとともに放課後はミステリーとともに
(2011/02/18)
東川 篤哉

商品詳細を見る


主人公である霧ヶ峰涼シリーズ・・・とも言えるのかな?

以前短編で霧ヶ峰涼モノを読んだ事があるので、今回はその霧ヶ峰本!ということでワクワクしながら手に取った(笑)

連作短編集の構成となっており、語り手・主人公は同一霧ヶ峰涼。
エアコンみたいな名前にコンプレックスを持つ、
野球大好き探偵部の副部長である。
彼女を取り巻く愉快な(笑)高校生達、先生、果ては刑事までもが
様々な事件に巻き込まれ&首を突っ込んでいくミステリー小説。
と、いってもそこは東川篤哉氏なので、
本格バリバリミステリーを望んではいけない。
本によっては表紙でも解るとおり、あくまで軽くふざけた(爆)ミステリー小説なので
くすくす笑いながら読める作品となっている。
東川篤哉ワールドになっているので、このワールドがツボに嵌らない人は
あまりオススメできないなぁ。自分はツボです。面白かった!
連作短編を読むたびに色々面白い登場人物が登場するので
(ミステリーなのに謎・トリック以上に)楽しめます!
むしろそっちを楽しみに読んでみた方がいいかもしれませんな。
続編は出ないのかなぁ・・・でも鵜飼シリーズや鯉ケ窪学園探偵部シリーズも
続編は出ているし、同著者を有名にした『謎解きはディナーのあとで』もはや作目も出ている所から

期待は大きい☆出たら絶対読むぞ!




後後で知ったのだが、この『放課後はミステリーとともに』はドラマ化?しているようで・・・知らなかったし、いきなり映像化してしまったら第一作品目のネタバレになってしまうんじゃぁ・・と思いましたね。映像化は見ていないから解らないが・・・一体どうしたのだろう?その事件は扱わなかったのかな?




ネタバレは特に・・・あまりミステリー色も強くないので(^ ^;
まぁ簡単に言うと----
タバコ隠したり星を見ていたらUFO見つけて暴走したり美術室で石膏像が倒れて大騒ぎしていたり・・・という事件が起こります。(爆)
とても楽しめますよ!たぶん!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/479-97f6bd5f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。