FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.12

越境捜査

初笹本 稜平氏作品越境捜査シリーズ第一弾『越境捜査』読了ー

越境捜査 (FUTABA・NOVELS)越境捜査 (FUTABA・NOVELS)
(2009/12/16)
笹本 稜平

商品詳細を見る


警視庁捜査一課の鷺沼は迷宮入り事件を担当する。14年前、12億円を騙し取った男が金とともに消されていた。捜査する鷺沼は12億円の行き先をつかむ。それは神奈川県警――。大藪春彦賞作家が組織に闘いを挑む男たちを描く長編警察小説。 (by内容紹介 より)


警察小説の中で主人公は警視庁捜査一課ではあるが・・事件やストーリーの主軸は「警察の闇」。
警察、主に官僚の汚職や癒着や隠蔽やらに焦点を当て、起る殺人事件はその"闇"に関わった人達
という内容のようだ。
上司との衝突から捜査一課ではみ出し者となった鷺沼と、同じく神奈川県警のはみ出し者宮野と共に警察が隠蔽しようとする巨額の裏金の行方を追う。
警視庁と神奈川県警は険悪な仲だというのは事実のようだが(他の警察小説でも度々目にするなぁ・・)
お互い警察の悪事を暴いてやるという思いと共に巨悪へ立ち向かっていく------
とすると格好いいのだが(爆)鷺沼はともかく、宮野はその12億円という裏金をかすめ取ろうと言う魂胆がミエミエで捜査をする、といった塩梅(笑)
金髪にピアスにギャンブル好きな宮野は見た目そのままの調子の良い、口先が良く回る男。
苦々しい思いで一緒に捜査する鷺沼だったが、そもそも宮野と組む事に了承した一つの要因は
刑事の鑑とも言える恩師の存在だった。
自分の目の前で殉職してしまった彼に対し強い尊敬の念を抱いていた鷺沼、そしてまた宮野も
叔父・・・だっけかな・・・同じその人を心から尊敬し、その人に憧れて警官になったという。
この辺りは心温まるエピソードだが、宮野のお調子者振りには閉口気味な鷺沼であった。

今回12億円という裏金とその金に関わったとされる人物の捜査に携わる事になったのは
ひとえに鷺沼が信頼する警察の一人、警視正・韮沢克文からの依頼だった。
警察組織を相手に一人闘おうとする韮沢は信頼する鷺沼に協力してほしいと言い
自らも"闇"にグイグイ食い込んでいく。
そして裏金に関わる人たちがどんどん犠牲になっていく中-------

と、まぁざっくりこういう流れですが(爆)
疑心暗鬼を繰り返してしまう緊張感漂う展開で、最後の最後まで気が抜けない作品だった。
鷺沼直属の上司で頼りになる三好や新人でやる気にあふれる井上、
そして横浜の暴力団幹部の福富 それぞれが捜査協力を買って出てくれて
事件はどんどん核心へ迫っていく。
シリーズ化しているとの事なので、続きも読んでいきたいと思った。

しかもドラマ化・・映像化しているようで、検索するとすぐドラマ情報が入ってくる。
以前も書いたけれど・・映像化すると書籍の情報が後方に追いやられるのを何とかして欲しい。










以下はネタバレ。








緊迫感のあるストーリーだったけれど、何と言っても最初鷺沼を捜査に引き込んだ韮沢の存在でしたな。
鷺沼と一緒に捜査をしつつも、身分からか(苦笑)別行動が多かった韮沢が
突如凶弾に倒れてしまった-------
頭に銃弾を受け病院に運ばれ、絶望的な状態になってしまう・・・
恐怖と焦燥に駆られた鷺沼はより一層捜査に力を入れる事になるのだが、いつ自分も同じ目に遭うか解らない。
だが段々とその韮沢に対して疑惑を抱き始めた。
捜査と事件の証拠を洗いなおしているうちに韮沢自身も"闇"に関わっているという「足」が出てきたのだ。
しかし韮沢は意識不明の重体で聞くわけにもいかず、自分も関わっているのならなぜ自ら捜査に乗り出したのか、鷺沼を引き込んだのかわからない。その疑惑は本当に最後まで分らないままストーリーが進んでいく。
捜査中は警察の裏金隠蔽藩や、やくざの福富一味に狙われたり(この後協力者になる福富 笑)
最期黒幕が韮沢の妻を人質にしたりと・・数々の困難を皆と切り抜けて、ようやく一件落着(?)
黒幕の正体は掴んだが、肝心の12億円(結局関係者やらに使われて9億円くらいになってたけど)
の行方が分からなかった・・・

しかし、身体の少し障害を遺しながらも意識を取り戻した韮沢が
身振りで自分の庭にある家庭菜園を示した。
まさか-----と思いつつ菜園を掘り起こしてみると・・・なんと、そこに膨大な札束が!
勿論、これこそが警察官僚が盗み取ろうとした裏金!韮沢が隠し持っていたのだ。
このお金は裏金で「実際には存在していない」お金。しかも悪人がかすめ取ろうとしたお金
という事で、皆で山分けとなった。
ちょっと「いいのかなぁ」と思うが(苦笑)頑張った報酬ということで有難く頂く。一応この事件はめでたしめでたし、である。

だが今回暴き出したのは警察官僚"闇"のほんの一角-----
次回作も別の"闇"を暴き出すようだが・・・巨悪は根が深くて広範囲だなぁ・・闘いはまだまだ続きそう。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/504-e098df1b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。