--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.10

三鬼の剣

鳥羽亮氏『三鬼の剣』読了ー
今度はシリーズじゃないかな・・・?不明だが、読了しました(爆)

三鬼の剣 (講談社文庫)三鬼の剣 (講談社文庫)
(1997/01/13)
鳥羽 亮

商品詳細を見る


毬谷直二郎は夜一人剣の稽古に励んでいた。
直二郎は直心影流道場の跡取りであるが、それは師甚左衛門の肚で本人は道場を継ぐことよりも「もっと強くなりたい」、「剣をもっと磨いていきたい」とくすぶっているのが現状である。
その一人稽古中道場に人の気配を感じた。
振り返ると闇の中に黒ずくめの男が立っていた。
何者だと叫ぶとその男は「勝負を所望」と呟き、奇妙な構えを見せた。
袋撓で右手一本の片手上段------
こんな時間に奇妙な身なりで武者修行なのだろうか・・と訝しみながらも直二郎は男と同じ袋撓を構え対峙した。
たが双方ともそのまま微動だにしない。
「これは尋常な剣ではない」と危険を察知した直二郎は自ら心を無にし相手の構えに己の身を晒した-----と、その時相手の男が不意に嗤い「相ヌケなり」と言うと立ち去って行った。
直二郎はその後がっくりと膝をついた「負けた」。

主人公は直心影流遣い手、毬谷直二郎。
その前に現れた謎の男・・・しかしその一件は序章に過ぎなかった。

一方直二郎が謎の男と対峙した翌朝に鹿島新当流剣術道場で一人の男の死体が発見された。
男は比留間半造。三月ほど前入門した若者である。死体を発見した門弟は主の佐久象山へ知らせに行った。
額を一撃で断ち割られていた比留間はこの道場で稽古をしている最中、何者かと対峙して果てたと様子見られるが、床には血を拭った後があるなど、些か不明な点もある。
悩んだ末象山は上に届け出ることにした。と言うのも死んだ比留間半造は全国でも名を知られた名門道場・一刀流比留間一斎から預かった嫡男であり、事故や何やで隠しきれないと踏んだからである。


知らせを受けたのは定町廻り同心、朝倉兵庫之助。
下手人と睨んだらどんなことをしても吐かせる、という罪人には鬼より怖い男である。
付いているのは岡っ引き玄蔵で自分独自で工夫した熊手縄という捕縛道具を持っている。彼は昔自分が捕まえた盗賊の逆恨みで息子伊助を殺されており、その盗賊を獄門にかけてから滅多に笑わなくなったという過去を持つ。
彼らは比留間がここで殺されたと見るが、朝倉は死体の状態から動かされた形跡も発見する。妙だと思い二人は事件の調べを開始する事となった。
同じく象山は自分の道場で自分の門弟が破られたとあって、何としても相手のものを自分たちの手で破らねばなるまいと他門弟達に比留間を倒した男の捜索を始めた。

直二郎は玄蔵から比留間半造が殺された経緯を知り、自分も同じ様な男と出会った話をする。
直二郎と玄蔵は直二郎の父からの付き合いで時々こうやってお茶を酌み交わしたりしている仲である。
お互いの話から下手人と直二郎が会った黒ずくめの男は同一人物かと思われた・・・しかし時刻を聞いてみると同時刻に出没していると判り、「では同じ様な遣い手が二人いるのか」という話になる。

だがその後感応寺の裏手で新たな死体が発見される。同じく額を一撃で割られている。
死体はまだ二十代前半の若者で手には変わった鎖鎌を持っていた。
すると心境流草鎌道場の当主が彼は比留間市之丞だと教えてくれた。
三月ほど前比留間一斎から預かり、当道場で門弟に加えていたと言う----そして鹿島新当流剣術道場聖武館と直二郎の時と同じ刻限で市之丞が死んでいたことも判ったのだ。
どうやらこれら一連の事件は凄腕剣法を遣う男たちによって起こったものらしい・・・が、一体何者達で何故直二郎や比留間達が狙われたのかは全くわからなかった。

様々な道場で起こる謎の襲撃事件と背後にある謎の遣い手たち。
この話はその剣士たちの闘いを描いた話のようだ。
シリーズとしては三作品あるらしく、まだ続いているかはわからないが・・とりあえず一作品目読了ー。
道場に突然現れ「相ヌケなり」だけで去った事も不気味だが、そのすぐ後(詳しくは同時刻だが)同じような事件が続くのも不気味だし、一味の狙いが全く不明なのが一番不気味である。

いきなり主人公より強い遣い手が出るのも不安ですよね(苦笑)
次第に明らかになる一連事件の真相だが・・・一度に様々な道場と人物が登場するので
覚えにくかったりもする・・・
まだシリーズ作品全部読んでいないので一概に言えないが・・・自分の個人感想としては鳥羽亮氏作品の中では下位に入るかなあ(^-^;





スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/525-8d42cbda
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。