FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.02

緋色の囁き

綾辻行人氏『緋色の囁き』読了ー。

緋色の囁き (講談社文庫)緋色の囁き (講談社文庫)
(1997/11/14)
綾辻 行人

商品詳細を見る



ずいぶん前に読んだまま感想書きそびれていましたね・・なので記憶が多少曖昧なのでご了承下さい。
これは"囁きシリーズ"の一作らしいのですが、他作品は未読です。どう続くシリーズなのかも不明ですが・・まさか『緋色の囁き』の続編じゃないよなぁ・・?

「私は魔女なの」謎の言葉を残したまま一人の女生徒が寮の「開かずの間」で焼死した。その夜から次々と起こる級友たちの惨殺事件に名門女学園は恐怖と狂乱に包まれる。創立者の血をひく転校生冴子は心の奥底から湧き起こってくる“囁き”に自分が殺人鬼ではないかと恐怖におののく。(by 内容「BOCK」データベースより)



来ました、全寮制女子高校ミステリー。
この時点でもう暗くて黒いイメージはぬぐいきれないものとなっております(早)
主人公はこの女子高に編入か転入(?)されてきた女子高校生。
引っ込み思案で大人しい性格のようだが、以前から自分の中には妙なイメージと"囁き"が聞こえてきているようで・・・それは幼い頃に体験した記憶の断片なのだが
詳細な記憶は描かれず、絶えず不気味なイメージだけを彷彿とさせる。
血の赤さなのか、クリスマスの唄なのか・・何にしろ自分が失った"ある事件"の記憶に繋がっているらしい。
物語は主人公・冴子が学校に転入し生活する所から始まる。
だが入ってすぐ学校に蔓延る「不気味」「違和感」を感じ始め、冴子は絶えず不安の中で生活していく・・・。
教師の異常な圧力、クラスメイトの雰囲気や行動、そして学校に広まる「魔女」。
冴子と同室となった女の子が「私は魔女なの」と言い残し焼死する。
一体魔女とは何なのか、何故彼女は死んでしまったのか・・そしてその焼死事件を皮切りに学校内で連続札事件が発生する、という内容。

とまぁこんな感じなので「こういうの」が好きな人はとても楽しめる内容かと(苦笑)
自分もミステリーとして興味のある内容だが、やはり「全寮制女子高校」という点からやや躊躇してしまうかなー・・・と思い読むと、「あぁやっぱり」と顔を顰めてしまう。
詳細はネタバレになってしまうので此処では書けないが、「全寮制」という部分だけで人の束縛・規則という息苦しいものを連想してしまう・・・でもって「女子高」というのは男子校とはまた違った息苦しさがありそうだし。
でも作者が男である点からも「空想上の女子高」なのだろう・・・多分。
実際の女子高は自分も知らないが、実際通っていた人から話を聞くと
『緋色の囁き』の様な学校ではなさそうだ、うん(爆)

う~ん、自分としては他"囁きシリーズ"を読むのはかなり後になってからかなぁ・・というのが正直な感想。
ミステリーとしてどうか、というものではなく雰囲気がどうも;
こういう雰囲気を狙ったものかもしれないが、自分の印象では「狙いすぎ」位雰囲気作りが判りやすくて「空想女子高校」そのまんまだなという風に感じてしまう。
何しろクラスメイトを始め主人公さえも「絵に描いたようなお嬢様高校生」で
登場人物達の書き分けが今までアニメ・漫画・小説に出てくる「お嬢様高校に出てくる女子高生」をそのまま引用しているかのようでリアルに感じられないし、感情移入もできない。

登場人物の過去に色々な出来事やこの学校に通う事になった経緯も書かれているのだが「この少女達はこうした暗い過去があるからこんな魔女伝説に加担しているんだよ」
という主張を強く感じる。
魔女伝説についてもありがち過ぎる・・・
同著の『暗黒館の殺人』はとても雰囲気が好きで大好きな作品なので
今作は何故こうも合わなかったのかなぁ(爆)
















以下はネタバレ
















冴子が度々聞こえてきた「緋色」はやはり過去に起きた家族殺害事件でしたねー。
しかも今回の連続殺人事件の犯人が自分の母親とは・・
そんな危険人物を寮の管理人にするなよーというのが今作一番のツッコミ。
いくら肉親だからってそんな人物が自分の傍にいるのは正直、堪ったものではない。事実何の関連もない生徒達が殺害されている訳ですからね。
母もそうだが姉とか・・・何だか主人公の家族はとんでもないねー
母親が「あんな」だから娘にも影響があったのかもしれないが・・・。
一言で言うと、今回の犯人は血の色で「覚醒」する殺人犯になったわけで
それが自分の実の母親で伯母はそれをずっと隠し続けていた、という結果。
うーん、何だかなぁ・・事件としては通り魔的な犯罪ですね。被害者は誰でも良かったという所からも無差別殺人だし・・・防げたはずの事件なだけに

後味が悪すぎる&事件背景の深さは無かった作品でした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/528-01161810
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。