--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.10.26

ウィンター・ホリデー

坂木司氏『ウィンター・ホリデー 』読了ー。
いやー坂木氏の作品を読むのは久々ですね。時代物ばっかりだったから現代モノ。
しかし、今回はしくった!
『ウィンター・ホリデー』って二作目じゃん!知らなかったー&なんてこったぁぁぁ
いつもシリーズは一作目から読む自分にとっては痛かったぜ・・・
なのでこのシリーズを読もうとしている人はご注意!
この作品はシリーズ二作目ですよぉー

ウィンター・ホリデー

なのでこの感想は初っ端から一作目のネタバレです。ご注意をー

でもまぁ読んでみるとやっぱり坂木氏ですな。
めっちゃほのぼの・・・平和で心がほんわかする作品
絶対性格良い人だよ坂木司氏。自分の中で決め付けているしw

この作品は元ホストで今は「ハチさん便」で配送業務で働いている沖田大和と
突然現れた自分の息子・進との父子の物語。
(おそらく)前作で突然「お父さん」という言葉と共にやってきた進。
この小学生男子は昔付き合っていた由希子との間に生まれたらしく
長い休みに入る冬休みに父親の元へ遊びに来たという話となっている。
冒頭から息子・進がやってくるのをウキウキワクワクで待っている父親・大和。
そして愉快な(?)仲間達である「ハチさん便」メンバーや元ホストの人物達が
父子の周囲でガヤガヤしている感じかなーw

普通とはちょっと事情が違っている大和・進親子ではあるけれど
だからこその仲良ささと、絆や愛をかんじられる作品だと思いますなー。
母親・由希子の姿が見れないのですが・・・それはまぁ後半につれて段々と・・・

ネタバレは特にないですねー。
社会に疲れて「ちょっとほのぼのした物語」が読みたい方にオススメかなぁ。
親子の仲良さそうな雰囲気や形はやっぱり心が和む。坂木氏ワールドですな!
シリーズなので続きも読むぞ!
・・・・の、前に一作目を読むぞー(爆)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukinnoran.blog32.fc2.com/tb.php/576-a7a7f4fb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。